それが夢でいいと思う

文学
08 /13 2017
夢って何だろうって考えて
ぼんやりと未来を浮かべた
格好悪いかななんて思ったけれど
もう大分大人になっている
だけど愛する君がいて
おかげさまで幸せで
愛する君を大切にすること
それが夢でいいなと思う
難しいこと 難しくないこと
僕にはよく分からないけど
大切にできないなん格好悪すぎるよ
夢のことを考えていたのに
いつの間にか君のことばかり
君を大切にすること
やっぱりそれが夢でいいと思う
だから強く生きていくんだ
仕事とか努力とか頑張るんだ

柔らかすぎる時間でいい

文学
07 /30 2017
愛のままでいられる
心のたどり着ける場所は
出会いが優しさを決めるなら
もう何も心配はいらない
僕に出会えた君は
君に出会えた僕は
同じ思い出に癒され
違う思い出を許しながら
今君に浮かんでる 
心に作っている
感触に僕が触れていい
僕が作った温もりをそっと
君に送り続けるから
柔らかすぎる時間でいい
二人寄り添って眠ってしまう前に
感じる愛は真実なんだよって
言葉のいらない約束を結ぶ
こんなに愛しいこと
君に映る時間にしかできない
僕でいること

夢と涙彩画

文学
07 /30 2017
夢を彩る絵具は自由に選べないから
あの色を目指して一歩ずつ前に進むよ
あと何キロ先に青空の色はあるのだろう
飛行機みたいに飛んで行けない
だから好きなのかもね
辛い事も信じる事も心の中で向き合うんだ
素敵にできる きっとできるんだ
予想以上の景色に包まれたい
涙の中からあふれ出す言葉が強さになって
今の君に未来の僕に優しい思い出をくれる
時を越えるから夢はいいね
ずっとずっと生きているんだ
見つけられない絵具があっても
描かれていく世界はいつでも
未来を変えていくもの
自分の心に問いかけながら
もう少し頑張ってみるよ
もう一度頑張ってみるよ

いつも心の一番前に

文学
07 /02 2017
いつも心の一番前に君の存在があるから
脈打つように恋の感覚がずっと胸に触れている
幸せなときだって ちょっと辛いときだって
その感覚は希望を目指すから
心を見つめる瞳にはいつも君が映っているよ
好きだということを 好きでいる記憶を
何よりも僕の宝物にしたまま
今日も笑顔を探してみる
特別なことが見つからなくても
優しい気持ちに包まれていく
深呼吸したら愛が膨らんだ

本当の答えを求めて

文学
06 /30 2017
心の中のイメージを
目を閉じて見上げている
映るのはいつもの見慣れた景色で
変われない自分がいる
探しているのは熱い思いじゃないけど
本当の答えを求めて
日常の強さを忘れずにいる
ため息より深呼吸がいいってことを
凡人らしく感じている
誰かのために 僕自身のために
結局また誰かのために
毎日を頑張っている
空を見上げても
ちょっと心がほぐれるだけ
でも嫌いじゃないな好きだな
希望が隣にいるみたいで
幸せが未来にあるみたいで
優しいだけの深呼吸をしながら

このままの時に眠りたくて

文学
06 /26 2017
幻を抱き締めた時さえ
幸せになれるような
そんな愛しさを感じている
君が見せたあの瞬間に
切なさは小さく消えて
その余韻が心に寄り添う
肌が触れたときに
またそっと顔を出す
どうしようもない愛しさに変わって
何も考えずに呼吸が優しくなって
心は撫でられ続けている
こんなにも心地よく愛しく
このままの時に眠りたくて

守りたい

文学
06 /25 2017
この恋を選んだのなら
夢の続きを見られるのだろう
愛を貫けば失うものも多いけど
それでいいだろう
横目で見ているようで
心の目で見ている
胸が痛いのか 何が痛いのか
分からないけど自分を信じよう
本当の恋はあり安らぎの愛もあるって
この長い時の中で気づいてしまったから
幸せを描き続ける
それだけでいいはずなんだ
笑顔でうなずく 切なくうなずく
優しさを忘れないまま
そんな風に一緒に居られたら
何にだって強くいられる
だから僕は自分を信じて
愛する君に捧げるよ
守りたい

うなずいた君のせいだよ

文学
06 /03 2017
吹いてくる風の中に
小さな魔法が混ざっていて
恋をせよと操られた時に
隣に君がいたんだ
奇跡とか偶然より
エールという魔法だったんだよ
だって僕はずっと前から
君のことを好きだったんだ
僕は吹かれているというのに
体は熱くなるばかり
星が綺麗な素敵な空に
また夕日が僕の頬に
うなずいた君のせいだよ

永遠てあるような

文学
05 /17 2017
永遠って難しいけど
永遠ってあるような気がする
希望的観測のような
くすぐったさがため息をつかすから
楽しい思い出があるから
信じる気持ちを捨てられないから
それが何だって聞かれてしまうと
よく分からないのだけど
「今が大切」その思いに振り回されて
いつも結果オーライと後悔の繰り返し
でもそうやって一歩ずつ未来へ進んでいる訳で
自分の心に問いかけると
やっぱり誰かを愛していたい
やっぱり誰かを幸せにしたい
それならば僕はとことん
愛を大切にしてみるよ
永遠って必ずあると思うから

シルエット

文学
05 /04 2017
大好きなのは君が見せるシルエット
心が引かれるよ うつむき進む君の姿に
弱さと強さが混ざり合いいろんな痛みを生むけど
希望もそこにあるから 君は綺麗なのかな
不器用なほど遠回りの努力が大事で
叶えたい夢があるならば確かに刹那と出会って
優しさを知る幸せはいつまでも君を待っているよ
君の心のシルエット 僕の瞳に映して
感じているんだ君を抱き締めたい
僕は君のその涙が愛しい
小さな笑顔から始めればいい
その笑顔にキスをすればいい
未来に映る二人のシルエット

恋だって分かっているから

文学
04 /27 2017
僕の目に映る毎日の色は
ため息も希望も忘れている
何も変わらないなんて
あるはずもないのに
とりあえず期待はしている
夢には程遠いけれど
君を見つけると嬉しくなる
恋だって分かっているから
神様のいたずらのような
ときめきに素直になれるかな
君との偶然だったならば
奇跡と思えるほど嬉しいだろう
それならば勇気を出す価値もあるだろう
君に思いを伝えることに

そうだよ本当に

文学
04 /18 2017
恋をしているんだ
いつの間にかというの
そんなことはない確かな思い
優しさが素直に君を呼ぶ
恋心の真ん中に愛情があふれるよ
ただ僕が癒されているだけかもしれないけど
君が大切で仕方ないんだ
僕を選んでくれた君を誰が幸せにするの
おかしなことを問いかける言葉で
僕の胸に冗談を言ってみる
心が心地よいほどにくすぐったくなるから
本当に君が好きなんだろう
そうだよ本当に君に恋している

なお☆きいろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。