守りたい

この恋を選んだのなら

夢の続きを見られるのだろう

愛を貫けば失うものも多いけど

それでいいだろう

横目で見ているようで

心の目で見ている

胸が痛いのか 何が痛いのか

分からないけど自分を信じよう

本当の恋はあり安らぎの愛もあるって

この長い時の中で気づいてしまったから

幸せを描き続ける

それだけでいいはずなんだ

笑顔でうなずく 切なくうなずく

優しさを忘れないまま

そんな風に一緒に居られたら

何にだって強くいられる

だから僕は自分を信じて

愛する君に捧げるよ

守りたい

うなずいた君のせいだよ

吹いてくる風の中に

小さな魔法が混ざっていて

恋をせよと操られた時に

隣に君がいたんだ

奇跡とか偶然より

エールという魔法だったんだよ

だって僕はずっと前から

君のことを好きだったんだ

僕は吹かれているというのに

体は熱くなるばかり

星が綺麗な素敵な空に

また夕日が僕の頬に

うなずいた君のせいだよ

永遠てあるような

永遠って難しいけど

永遠ってあるような気がする

希望的観測のような

くすぐったさがため息をつかすから

楽しい思い出があるから

信じる気持ちを捨てられないから

それが何だって聞かれてしまうと

よく分からないのだけど

「今が大切」その思いに振り回されて

いつも結果オーライと後悔の繰り返し

でもそうやって一歩ずつ未来へ進んでいる訳で

自分の心に問いかけると

やっぱり誰かを愛していたい

やっぱり誰かを幸せにしたい

それならば僕はとことん

愛を大切にしてみるよ

永遠って必ずあると思うから

シルエット

大好きなのは君が見せるシルエット

心が引かれるよ うつむき進む君の姿に

弱さと強さが混ざり合いいろんな痛みを生むけど

希望もそこにあるから 君は綺麗なのかな

不器用なほど遠回りの努力が大事で

叶えたい夢があるならば確かに刹那と出会って

優しさを知る幸せはいつまでも君を待っているよ

君の心のシルエット 僕の瞳に映して

感じているんだ君を抱き締めたい

僕は君のその涙が愛しい

小さな笑顔から始めればいい

その笑顔にキスをすればいい

未来に映る二人のシルエット

恋だって分かっているから

僕の目に映る毎日の色は

ため息も希望も忘れている

何も変わらないなんて

あるはずもないのに

とりあえず期待はしている

夢には程遠いけれど

君を見つけると嬉しくなる

恋だって分かっているから

神様のいたずらのような

ときめきに素直になれるかな

君との偶然だったならば

奇跡と思えるほど嬉しいだろう

それならば勇気を出す価値もあるだろう

君に思いを伝えることに

そうだよ本当に

恋をしているんだ

いつの間にかというの

そんなことはない確かな思い

優しさが素直に君を呼ぶ

恋心の真ん中に愛情があふれるよ

ただ僕が癒されているだけかもしれないけど

君が大切で仕方ないんだ

僕を選んでくれた君を誰が幸せにするの

おかしなことを問いかける言葉で

僕の胸に冗談を言ってみる

心が心地よいほどにくすぐったくなるから

本当に君が好きなんだろう

そうだよ本当に君に恋している

心を責める自分に笑顔を

歌い続ける 信じ続ける

心を責める本当の自分を

背中合わせで優しくなれなくても

光は灯ったまま

流れていく時に吸い込んだ未来は

希望であってほしい

そこに愛があってほしい

今日も結局頑張っている

理想を語ればきりがないけど

幸せだらけなんて僕にはないから

ちょっとだけ幸せになってみよう

君の幸せにもなってみよう

心を責める自分に笑顔を

そんな君のことが好きだよ

こんな僕を信じてみてよ

少しだけ強くなっている

不安は当たり前の時間だよ

なんてことはないとは言えなくても

一歩踏み出してみる

やっぱり心は痛かったりするけど

うさぎとかめの話

かめになってしまう苦手な試練も

少しずつ乗り越えて行け

悔しさと戦い涙しながら

辛い時間で隠れてしまった

雨雲の向こう側に

同じスピードできっと流れているんだ

君が生きる意味の優しい時間

気が付けば少しだけ強くなっている

自信はありますと自分にかけてみられる

不安に勝てるだけの努力をしたから

歯を食いしばりながら経験したから

聴きなれた声は

聴きなれた声はいつもの探し物で

君を見つけたそんな風に高鳴っていく

毎日頑張っていると心だって疲れるけど

たったひとつのスマートフォンで

痛みさえくすぐったくなるんだ

君が奏でている 愛が発信基地の笑い声

緩む頬と見上げたら映る君

心が忘れていくのは弱さだけ

また明日も僕は頑張れる

聴きなれた声はかけがえのない宝物

終わりに向かいながら愛は作るもの

少しずつ少しずつ治っていく

大きな痛みだって

立ち止まって 誰かに頼って

時間は過ぎていくから

希望は心の片隅に

現実は今を思う

終わりに向かいながら愛は作るもの

だから頑張れるんだよ

戻らなかったことが

僕をひとつ強くして

新しい未来と言えるほどじゃないけど

自分を信じてみたくなるんだ

そして愛しい人をまた探し始める

君を信じてみたくなるんだ

良かったねと瞼を閉じられるように

まっすぐに向き合えば

見つけたらこの場所ができていた

僕の心に君のまぼろし

恋心で暖めてしまう

そうしたらぼんやり揺れている

感じている確かに

心の痛みはどこか優しい

温もり続けるこの場所が

君の大切さを確信させるよ

どんな風に君に好きって言おう

どんな言葉を選べばいい

切なさはそのあと

嬉しさもそのあと

訪れるのはちょっと怖いけど

まっすぐに向き合えば

まぼろしは消え去り

君を抱き締められるかもしれない

前に進めるかもしれない

小さく緩む頬でも

信じてみなよ
この恋ならば夢にも負けない

手のひらは温かくて

柔らかな時が進む

笑顔を忘れない

とても小さく緩む頬でも

優しい気持ちが胸の奥

明日に灯す勇気

涙がひとつ

過去にも未来でも

心配はいらないから

君を愛してる