恋だって分かっているから

僕の目に映る毎日の色は

ため息も希望も忘れている

何も変わらないなんて

あるはずもないのに

とりあえず期待はしている

夢には程遠いけれど

君を見つけると嬉しくなる

恋だって分かっているから

神様のいたずらのような

ときめきに素直になれるかな

君との偶然だったならば

奇跡と思えるほど嬉しいだろう

それならば勇気を出す価値もあるだろう

君に思いを伝えることに
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する