柔らかすぎる時間でいい

文学
07 /30 2017
愛のままでいられる
心のたどり着ける場所は
出会いが優しさを決めるなら
もう何も心配はいらない
僕に出会えた君は
君に出会えた僕は
同じ思い出に癒され
違う思い出を許しながら
今君に浮かんでる 
心に作っている
感触に僕が触れていい
僕が作った温もりをそっと
君に送り続けるから
柔らかすぎる時間でいい
二人寄り添って眠ってしまう前に
感じる愛は真実なんだよって
言葉のいらない約束を結ぶ
こんなに愛しいこと
君に映る時間にしかできない
僕でいること
スポンサーサイト

夢と涙彩画

文学
07 /30 2017
夢を彩る絵具は自由に選べないから
あの色を目指して一歩ずつ前に進むよ
あと何キロ先に青空の色はあるのだろう
飛行機みたいに飛んで行けない
だから好きなのかもね
辛い事も信じる事も心の中で向き合うんだ
素敵にできる きっとできるんだ
予想以上の景色に包まれたい
涙の中からあふれ出す言葉が強さになって
今の君に未来の僕に優しい思い出をくれる
時を越えるから夢はいいね
ずっとずっと生きているんだ
見つけられない絵具があっても
描かれていく世界はいつでも
未来を変えていくもの
自分の心に問いかけながら
もう少し頑張ってみるよ
もう一度頑張ってみるよ

いつも心の一番前に

文学
07 /02 2017
いつも心の一番前に君の存在があるから
脈打つように恋の感覚がずっと胸に触れている
幸せなときだって ちょっと辛いときだって
その感覚は希望を目指すから
心を見つめる瞳にはいつも君が映っているよ
好きだということを 好きでいる記憶を
何よりも僕の宝物にしたまま
今日も笑顔を探してみる
特別なことが見つからなくても
優しい気持ちに包まれていく
深呼吸したら愛が膨らんだ

なお☆きいろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。