本当の答えを求めて

心の中のイメージを

目を閉じて見上げている

映るのはいつもの見慣れた景色で

変われない自分がいる

探しているのは熱い思いじゃないけど

本当の答えを求めて

日常の強さを忘れずにいる

ため息より深呼吸がいいってことを

凡人らしく感じている

誰かのために 僕自身のために

結局また誰かのために

毎日を頑張っている

空を見上げても

ちょっと心がほぐれるだけ

でも嫌いじゃないな好きだな

希望が隣にいるみたいで

幸せが未来にあるみたいで

優しいだけの深呼吸をしながら
スポンサーサイト

このままの時に眠りたくて

幻を抱き締めた時さえ

幸せになれるような

そんな愛しさを感じている

君が見せたあの瞬間に

切なさは小さく消えて

その余韻が心に寄り添う

肌が触れたときに

またそっと顔を出す

どうしようもない愛しさに変わって

何も考えずに呼吸が優しくなって

心は撫でられ続けている

こんなにも心地よく愛しく

このままの時に眠りたくて

守りたい

この恋を選んだのなら

夢の続きを見られるのだろう

愛を貫けば失うものも多いけど

それでいいだろう

横目で見ているようで

心の目で見ている

胸が痛いのか 何が痛いのか

分からないけど自分を信じよう

本当の恋はあり安らぎの愛もあるって

この長い時の中で気づいてしまったから

幸せを描き続ける

それだけでいいはずなんだ

笑顔でうなずく 切なくうなずく

優しさを忘れないまま

そんな風に一緒に居られたら

何にだって強くいられる

だから僕は自分を信じて

愛する君に捧げるよ

守りたい

うなずいた君のせいだよ

吹いてくる風の中に

小さな魔法が混ざっていて

恋をせよと操られた時に

隣に君がいたんだ

奇跡とか偶然より

エールという魔法だったんだよ

だって僕はずっと前から

君のことを好きだったんだ

僕は吹かれているというのに

体は熱くなるばかり

星が綺麗な素敵な空に

また夕日が僕の頬に

うなずいた君のせいだよ