恋だって分かっているから

僕の目に映る毎日の色は

ため息も希望も忘れている

何も変わらないなんて

あるはずもないのに

とりあえず期待はしている

夢には程遠いけれど

君を見つけると嬉しくなる

恋だって分かっているから

神様のいたずらのような

ときめきに素直になれるかな

君との偶然だったならば

奇跡と思えるほど嬉しいだろう

それならば勇気を出す価値もあるだろう

君に思いを伝えることに
スポンサーサイト

そうだよ本当に

恋をしているんだ

いつの間にかというの

そんなことはない確かな思い

優しさが素直に君を呼ぶ

恋心の真ん中に愛情があふれるよ

ただ僕が癒されているだけかもしれないけど

君が大切で仕方ないんだ

僕を選んでくれた君を誰が幸せにするの

おかしなことを問いかける言葉で

僕の胸に冗談を言ってみる

心が心地よいほどにくすぐったくなるから

本当に君が好きなんだろう

そうだよ本当に君に恋している

心を責める自分に笑顔を

歌い続ける 信じ続ける

心を責める本当の自分を

背中合わせで優しくなれなくても

光は灯ったまま

流れていく時に吸い込んだ未来は

希望であってほしい

そこに愛があってほしい

今日も結局頑張っている

理想を語ればきりがないけど

幸せだらけなんて僕にはないから

ちょっとだけ幸せになってみよう

君の幸せにもなってみよう

心を責める自分に笑顔を

そんな君のことが好きだよ

こんな僕を信じてみてよ

少しだけ強くなっている

不安は当たり前の時間だよ

なんてことはないとは言えなくても

一歩踏み出してみる

やっぱり心は痛かったりするけど

うさぎとかめの話

かめになってしまう苦手な試練も

少しずつ乗り越えて行け

悔しさと戦い涙しながら

辛い時間で隠れてしまった

雨雲の向こう側に

同じスピードできっと流れているんだ

君が生きる意味の優しい時間

気が付けば少しだけ強くなっている

自信はありますと自分にかけてみられる

不安に勝てるだけの努力をしたから

歯を食いしばりながら経験したから