君と一緒にいると

文学
12 /25 2016
心にそっと現れる優しい気持ちは

君への愛しさと僕のわがままかもしれない

そばにいて欲しくて 抱き締めて微笑んでいたくて

胸いっぱいくすぐったくなるような

僕の願いがあふれ出す

君の幸せになれるのだろうか

そんな思いもメロディーになって

君を見つめて心に映し出される幸せとハーモニー

守りたいという気持ちが生まれる

ゆったりとした時間に体温は優しくて切なくて

結局優しい笑顔にたどり着く

君と一緒にいると

スポンサーサイト

幸せをともにする人に

文学
12 /10 2016
恋に落ちたら幸せに

そう願いながら

嬉しい出来事 寂しい出来事

なぜ繰り返すの

結ばれる運命 離れていく運命

胸の中で迷いながら

選んだ答えに身を任せるだけ

でもここにいるのは

僕という一人の人間

変わっていく前の過ちは

いつか受け入れられるよ

愛し合える人に

許し合える人に

幸せをともにする人に

繰り返されていく詩

文学
12 /10 2016
終わりはあっても

繰り返されていく詩

ほんの数行は命を宿すのかな

君に愛の詩を僕は贈りたくて

僕に愛の詩を君から感じたくて

言葉にならない思いはあるのだけど

きっと包む優しさは

この胸に届くのだろう

ずっと響くのだろう

愛を守っていくのだろう

僕が贈った愛の言葉を

文学
12 /10 2016
言葉がずっと

君を想うことを選び続けている

ありがとう 愛しているよ

時計の針が進むように

僕の心を歩ませている

導かれていくよ

君を幸せにする出来事の方へ

どれだけ僕は君の為に

ここにいてあげられるだろうか

愛しさが社会にかき消されそうになって

心が辛くなった時には

胸にあるページをめくって

そっとそっと繰り返してみてよ

僕が贈った愛の言葉を

恋人は君しかいないと

文学
12 /03 2016
笑顔にもいろんなものがあるから

僕は君を選びたい

心に優しく触れる純粋な愛しさだよ

生きていく意味にはいろんなものがあるから

僕は君を想いたい 君を想って生きていたい

大切なもの 大切なこと 全てが同じじゃないから

涙が出る日もあるよ

大切な人の幸せは願えるけど

僕がその幸せを作らなければ

寂しさに抱かれてしまうよ

だから離しはしない だからいつも思うよ

瞼を閉じて深呼吸すれば真ん中に集まってくる体温

僕の心をくすぐっている 恋人は君しかいないと

僕の恋は君にしかないんだと

なお☆きいろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。