おしゃれな傘で

文学
05 /21 2016
空を見上げてふと思う
おしゃれな傘を買ってみよう
もうすぐ雨ばかりの季節
懐かしいからため息も愛しい
どうしようもないことだって
自信のないことだって
僕にも君にもあるのだろう
心に降る雨がきらきら
届いたおしゃれな傘
ちょっと大きいものにしたんだ
だから雨の日も心配しないで
僕の隣に並んで歩いてよ
無邪気に憧れた雨の日の景色を
僕たちも街に描こうよ
スポンサーサイト

音のないまま奏でるように

文学
05 /03 2016
街の灯りに優しさを見つける
それは君のおかげで
ため息はどうにかなる
心はまた明日を見ている
家路につく時も
いつも君を思いながら
幸せのイメージを浮かべている
音楽をただ流すように
聴こえてくるメロディーじゃないけれど
心に灯る愛の温もりが
奏でるように確かに僕に触れるんだ
だから愛していると歌ってしまうよ
心に向けて音のないまま

なお☆きいろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。