寂しさと甘い時間に迷っても

くちびるが愛を知る

寂しさを預けるように

あふれだす涙に誓えたなら

愛しさで君を守れるだろう

始まりの時も

同じ気持ちを感じていた

ふと心をたどる

どうしようもない恋がはじける

もう胸いっぱいに君がいる

寂しさと甘い時間に迷っても

なぜ信じられる愛がここにあるのだろう

スポンサーサイト