幸せが手をつないで

愛しいと思ったまま心から消えないから
もう君しか選べないことが答えなんだと知る
素直に好きと言えるのなら 涙を隠さなくていいなら
もう恋は始まっているんだよ 幸せへと向かう為の
不安が唱えてくる魔法は弱さから来る躊躇い
そんなもの僕が飲み込むから君の体温を抱かせて
乗り越えて行くこと 気が付けば幸せでいること
君が居てくれるなら僕が叶えるよ
君の分と僕の分も
互いの幸せが手をつないでいるよ
スポンサーサイト

非日常より

ひとつの景色にそっと心で問いかけて
どんなことを聞いたの ぼんやりと風が吹く
美しいと思える 素敵な香りがする
深呼吸がこの時の大切さを確かに教えてくれる
だから日常に愛を忘れない
ちょっとだけ格好よく生きよう
自分を見つめること 君を見つめること
そこに笑顔と優しさをどんな時も添えられるように

素敵な物語

想いをそっと優しい風に変えて
君の髪を揺らし頬をくすぐって
丸いカーブの笑顔にする
大丈夫幸せはきっと誰にもあるもの
君の分は僕が運命だったみたい
ただそれだけの必然なんだ
だから僕は君を幸せにする
僕に生まれる想いで叶えて行くよ
僕がもらえる幸せは君だったんだ
描く未来は二人の物語
きっと小さなでも素敵な物語

そんな魔法が二人を包むから

呼吸を合わせて想う愛のかたち
横顔同士で目が合って感じたドキドキ
僕の心の中でハートを描き出して
半分描いてやめてみる
君も描いていると感じて
そっとくっつけようよ心の想い
自然とこぼれる照れ笑い
綺麗なハートになるはずだから
時の流れに甘えて
ただ癒され続けていようよ
君が隣にいるだけで
そんな魔法が二人を包むから

ふわりと浮かぶ愛に

ふわりと浮かぶ愛に
君の顔が見えているんだ
夢を重ねて映してみたら
やっぱり君がヒロインだった
ちっぽけな一人の男にだって
みんなが感激するような
恋愛映画だったり
愛情の映画だったり
見せてあげられると思っている
でも二人で見ようよ
二人だけで見ようよ
いつも優しい顔をしたまま

この愛しさと混ぜ合わせれば

君を見つめた時に感じた愛の始まりを
恋が知らせる運命の人かもしれないよ
ねぇ君に触れたいこの思いは
君の心を溶かせるかな
信じて進むことを始めようよ
君の心も僕の心も
そこにある幸せを感じようよ
一緒に時を感じること
同じ景色を一緒に見ること
心にあるこの愛しさと混ぜ合わせれば
ほら永遠に変わっていく
消えることのない愛に変わっていく

一歩進める優しい時間を

街の光は人の心でいろんな空想に変わっていく
感じるなら見えるのなら大好きな景色がいいな
だいぶ長く溜息まじりの夜の街を歩いている
だけど確かに出会うはずの幸せの存在を感じて
複雑な毎日だし社会では厳しく生きるけど
単純な幸せを重ねて 単純な笑顔を重ねて
一歩進める優しい時間を街の光に感じているんだ
君の存在に感じているんだ