心を揺らす愛しさは

片思いしてから
君を抱きしめられなかった時間も
今となっては時を越えて
大切なものに変わるのだろう
ひとつの勇気とひとつの希望が
確かに向き合って
強く手を繋いで叶えられていくよ
君を愛している 心を揺らす愛しさは
ここに強く立ち君を抱きしめる
その覚悟が僕の答えになる
君を幸せにするということ
スポンサーサイト

僕らが見るプラネタリウムは

夢がひとつ終われば心にひとつ星が増える
小さなプラネタリウムかもしれない
でも変わっていく星空が嬉しい
君の瞳の輝きが流れ星だったらいいな
どんなに僕が歳をとっても願う夢は君の幸せ
ずっと増やしていこうね
すごいねって笑い合おうね
未来で僕らが見るプラネタリウムは
どんな星空に変わっているのかな
愛しさに心を委ねて思うよ

君と僕が重なり合えば

好きという想いが叶えられた夢のような時間
嬉しくて映る景色がほら微笑みを誘うよ
君の隣で思い出を記し始めて今夜たどり着くのかな
愛しているという台詞に
ずっと一緒にいたいよ 今がこんなに優しいから
愛が暖めてる空気ってあるんだね
君と僕が重なり合えば 心も体温も見つめる未来も

言葉のストーブ

言葉のストーブでこの部屋を暖めよう
君がゆったりそしてにっこり甘えられるように
君への思いを燃やしては熱すぎる僕の恋は
ちょっと照れた心の中で温度調節している
抱き締めても心地良い温もりが君を巡るように
愛しているってこの部屋にふわりと浮かべる
君に聞こえる 届いて消えない
柔らかな波長のメロディー
ふたり寄り添っているソファーで

愛していることに何故はなくて

愛していることに何故はなくて
ただ心で君が笑っているから
もしも泣いている心があるなら
僕の心が見てる君を送るよ
僕の心の送信ボタン
君だけと結ぶ電波があるんだ
僕が見ている君はこんなに笑っているんだよ
僕が守るよ
泣いている心は僕に送ればいい
僕が読んでみるよ必ず消してあげる
温もりを送る送信ボタン
今日は押さないで今すぐ会いに行くよ
抱きしめてさせて 抱きしめたいから
温もりが柔らかく君と交わるように

僕は愛しさに染まってしまうよ

君への思いで染まる言葉が
優しさと強さを温めている
空気を伝う時通り道の様に
君にそよぐ風は迷いはない
冷たい風で頬が染まる君も可愛いけど
この暖かな風で君の頬に
柔らかなカーブの紅を描くよ
そして微笑む君を見つめる
僕は愛しさに染まってしまうよ

僕の夢に

僕の夢に君への恋が注がれて
甘く優しい香りに変わるよ
心の空が頬を染めていく
ちょっと照れたような笑顔が
僕の勇気の印なんだ
君への恋が僕を強くする
未来へ築く力をくれるよ
君が大切なんだ
もう君が可愛すぎるよ
君の存在が僕を男にする
君をただ愛していたい
君の幸せを叶え続けたい