君を柔らかく抱きしめながら

君を好きでいれば幸せを覚えていけるよ
愛するって君のことを心の日記に書くみたい
愛しさのまま抱きしめた感情も君の未来に重ねている
守り続けることもっと好きになること僕の心が求めている
君が安らぎの中で愛しさの情熱を幸せに変えられるように
僕は君を考えている 僕は君を感じている
君を柔らかく抱きしめながら
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

心を染める全て

例えばどんな心が僕を撫でる
例えばどんな優しさが明日へ続く
それをくれるのは君だよって気付いているよ
ありがとう大好きなんだ
例えばどんな明日が幸せといえる
例えばどんな昨日が大切といえる
それを感じるのは君だよって疑えないんだ
愛している大好きなんだ
確かな恋が僕を支えてくれるんだ
確かな今日が僕の生きる大切な意味で
君と手を繋いで歩いていられることが
心を染める全て 頬まで赤くなるくらいに

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

そんなどんないつもずっと

君にとってのその歌ってどんな景色をくれるの
会いたいと映されていく切なさは愛の色
僕らしくなれるのは君に会いたいと願う時で
そんな風に心にいる君が運命の人だって思えるんだよ
今日生まれた笑顔はかすみ草かなひまわりかな
小さな幸せも未来を見つめる幸せも
いつも君と咲かせていたい ずっと君と咲かせていたい

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

僕の部屋のソファーで

君が愛を求めていて僕が君を温める
癒されるのは恋に問いかけているから
君のことが好きですと
君のことを温める僕の体と心
君のこと癒すの僕の思いを吹かせるよ
頬にあたった柔らかい感触は幸せの道しるべで
右手でそっと触れたら未来を映してみてよ
君を愛している僕がいて
僕を信じている君がいて
お互いの未来を重ね合わせてみたら
素敵な映画が流れ始めた
二人で笑い合って見ていよう
僕の部屋のソファーで寄り添いながら

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

優しい言葉があるんだ

優しい言葉があるんだ愛しさと手を繋げる
どんな傷を癒してくれるの なぜ頬が緩むの
君を見つめていると君を考えていた自分が
どんなに君を求めていたか分かるような気がするよ
僕の隣で笑ってくれるかい 涙を預けてくれるかい
例え辛い言葉に出会ってしまっても
僕の言葉で拭ってあげる
僕の愛でそっと溶かしてあげる
君のことが一番大切と思う僕がいるから

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君の愛が一秒後もある幸せを

ねえ君の愛が一秒後もある幸せを
願うように君を思っている
遠い未来をどこか感じながら
君の笑顔を守りたい
まだ知らない君の笑顔を見たい
どうして優しくなれるのだろう
約束した愛に聞いてみたよ
どんな時だって君を思う感触があるから
すれ違ったときは少し痛みに変わるんだよ
君の大切さを胸に感じて幸せの意味を覚えていく
二人で作る幸せをイメージして

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

幸せって何だっけ

君に触れたのは惹かれたからだけじゃなくて
愛しさに気付いていくから
知らなかった君の顔が大切なものをくれるんだ
輝いている笑顔も優しさに迷う影も
認め合える恋の存在に心が触れられている
二人で夢に変えようか幸せって何だっけ
とても甘い時間の中で君と考えている
そして感じられている そんな君が大好きだよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学