君と一緒に未来に行きたいよ

涙を心に溜めて それでも笑っているなら

僕に幸せを委ねてよ 優しい気持ちで眠れるように

君の心の鏡に僕の素顔を映してくれるかい

涙が落ちて歪まぬように僕が愛しているよ

優しさに気付くことが少し遅かっただけ

幸せに出会って心が痛くても そっと僕に委ねてよ

明日も柔らかな温もりで包んでいる

君と歩いていくと決めたから ずっと隣にいて欲しいよ

君と一緒に未来に行きたいよ

スポンサーサイト

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

優しい感触の中で

愛を覚えた指先から結んでいく柔らかな掌

胸に明かりが灯るみたい こんなに優しい感触があるんだ

愛しさにだけ包まれていくよ 全てを忘れてしまう

振り返った時に少しの寂しさが襲うのは

また君に会いたくなる それだけの理由でいいよ

二人で幸せを作ろうよ 未来に予約しておくね

君を心に映している 優しい感触の中で

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

目を閉じれば幸せに包まれるように

恋を夢中になって描けている訳じゃない

でも君を見ていると笑顔になれる幸せを胸に感じるんだ

ときめきだって分かっているよ とてもくすぐったいから

今日も君に恋をしている 自然と君のことばかり

幸せにできるかな 君を守っていきたい

結局は君のことが好きだから君がくれた笑顔に誓う

幸せにするよ 君を守っていくよ

恋の果てまで一緒に行こうよ 君と僕の愛を一つにして

目を閉じれば幸せに包まれるように

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

暖かい毎日で

心に君が映るのは君をイメージしているから

そんな風に思えないよ まるで君が本当に居るみたい

心の中で鮮明に君の笑顔が輝いている

髪を撫でるように優しく触れている 愛しい君を映したまま

僕の体温の中で君は眠ってくれるね

優しい笑顔を浮かべたまま夢の中へ降りていこう

僕が優しく抱きしめるよ 暖かい毎日で君を守るよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君を見つめて誓うよ

抱きしめて伝えた君への恋を 君の心の永遠に

優しく記憶させるよ いつまでも側にいて

時の流れは止められないから何かの終わりに向かっていく

だけど君の心に贈った恋は色褪せない

君の心を守る 君の笑顔を守る 君の全てを守るよ

僕の心の命の全てから君を見つめて誓うよ

君を見つめて誓うよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

変わらない夢に誓いながら

変わらない夢があった ずっと一緒にいられたらいいな

今は毎日変わらず叶えられているけど

君を好きなことで現れてくる出来事が大切さを教えてくれるよ

今日も誰よりも僕が君のことを覚えられる

隣にいるから温もりが通うから今日も愛の歌を歌っていいかな

優しさに傾けた心がほろ酔いのままおやすみをくれる

今日も君に恋をしてほんの少し頬が染まっている

また明日もまた明後日もこんな風に続いていくんだね

変わらない夢に誓いながら

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

幸せをイメージしながら

君を映した瞳から僕の心に伝えるように

体の中を撫でるように恋が僕を巡っている

大人になったのにこんなに心を奪うの

君と出会った時から恋に落ちるしかなかったよ

君の笑顔を見ても僕に笑顔がうつっても

こんなに心がときめいている 優しい記憶に変わっていく

もっともっと君を好きになるよ 幸せをイメージしながら

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

ずっと一緒に愛を歌おうよ

恋を歌う夜には愛しさに弾かれた心が

素敵な音楽を奏でるよう 幸せに包まれていく

君の温もりで導かれるように心地良くて

指揮者になった君は笑顔のままで

楽しい時が流れている

重なり合うの 響き合うの それとも一つになるの

ただ好きなだけ すごく好きなだけ

だから君を守りたいと思うよ

ずっと一緒に愛を歌おうよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君の魔法なのかい

君に恋をした時から痛みが消えていった

恋するということの意味を勘違いしていたみたい

君に恋してこんなに新しい感触を覚えた

心が癒されていくのは君の魔法なのかい

高鳴る胸も染まっていく頬も君の魔法なのかい

君としていることが本当の恋と言うのなら

永遠の幸せを信じられる そんな未来を描けるんだ

君に恋をした時から優しい空気が包んだ

恋するということの意味の気付いてしまったよ

君の魔法なのかい 君の魔法なのかい

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

素敵に包まれていくのは

どんな時でも恋の続きに夢を描いている

ときめきも温もりも君の笑顔に約束する

明日くる未来にも明後日くる未来にも

心の真ん中にいる君が体中を温めている

君に贈ろう 愛しているの花束

素敵に包まれていくのは愛の香りそれとも恋の彩り

どちらも叶えてあげたい 君をこんなに愛しているから

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

幸せな物語を叶えよう

僕の愛に撫でられればいい 優しいものなんだよ

心に少し痛みを感じたとしてもすぐに消してあげるよ

重なる感触が心に温もりを届けて

この瞬間から始まる時間に癒されて笑顔を覚えてよ

未来はどんな風に二人の前に現れるのだろう

分からないけど君の幸せを僕のシナリオに書いているんだ

過去に心が奪われてしまうのは

君の中の優しさがごめんねと泣いているから

僕の愛が寄り添うよ君のその優しさに

ハッピーエンドにしてあげるよ 君を愛しているから

幸せな物語を叶えよう

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

同じ場所に立つ樹のように

好きという気持ちの種は幸せを咲かせてくれる

愛しさが心に降るから僕は温めているんだ

芽吹いたのはまっすぐに君を思う

幸せへと伸びてゆく樹だよ

必ず春夏秋冬綺麗な花を咲かせ続けるよ

素敵な香り 素敵な彩り 優しく心に落ちる花びら

木陰で寄り添いながら楽しい詩を歌おう

君を守るために同じ場所に立つよ

揺るがない君への愛のように

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学