僕は君が好き

この想いを超えて

もっと君を好きになれるかな

そんなことを問いかけてしまうくらい

僕は君が好き

傾けたミルクティーも

愛しさを撫でるように流れる

少し甘くて温かな想いが

僕の心まで流れ込んだ

その想いが寂しさを溶かすから

染めるように記憶を埋めていく

優しい色に変わった寂しさは

本当の愛を教えてくれた

僕は君が好き

スポンサーサイト

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学