僕は君が好き

文学
10 /30 2012
この想いを超えて

もっと君を好きになれるかな

そんなことを問いかけてしまうくらい

僕は君が好き

傾けたミルクティーも

愛しさを撫でるように流れる

少し甘くて温かな想いが

僕の心まで流れ込んだ

その想いが寂しさを溶かすから

染めるように記憶を埋めていく

優しい色に変わった寂しさは

本当の愛を教えてくれた

僕は君が好き

スポンサーサイト

心ができる奇跡

文学
10 /29 2012
光じゃなくても明るい温もり

それは心ができる奇跡

暖かくて優しく差し込む

君の想いがすべてを照らすよ

気付けばお互いの色が

素敵な夢を描いている

未来で叶えることが

二人ならできるはずだよ

僕らは二人で灯した愛で

星のように輝けるよ

二人でひとつの光になろうよ

心と心で奇跡を起こして

かけがえのない愛を見つけたよ

文学
10 /26 2012
抱きしめたら優しさに変わる

愛の続きにも恋があって

もう僕の胸の中は

君でいっぱいでくすぐったいよ

笑顔が約束に変わっていく

一緒にいたいよ

ずっと一緒にいようよ

僕の全てで君を愛するから

少し上がった体温で

君の声を聴いていると

愛しさがまた僕をくすぐる

幸せに癒されていくんだ

いつまでもこの時のように

続いていけるよ

寂しさも知っているお互いだから

本当の幸せと気付いている

そう僕は君に気付いている

かけがえのない愛を見つけたよ

二人でつくれるよ

文学
10 /24 2012
言葉があるから好きと言うよ

光があるから君を見つめるよ

温もりがあるから抱きしめるよ

ただ君を幸せにしたいだけ

夢があるから手を握るよ

涙があるから頑張れるよ

この時があるから笑顔を贈るよ

ただ君を幸せにしたいだけ

心を支え合いながら

体を寄せ合いながら

一歩ずつ未来へ進んでいこう

幸せは二人でつくれるよ

きっと当たり前の幸せなんだろう

文学
10 /23 2012
君の優しさがいつも癒してくれる

だから君は迷わずに信じていてよ

辛くなったらすべて委ねて

君の心を守ってあげる

君に出会って

見つけた恋がこんな風に

僕の生きる意味になっているよ

君への恋に愛があって

恋に愛があって

愛しすぎるほど強く生きられる

僕らが生きているのは現実の世界だけど

幸せの意味を感じられているよ

僕の心が君の心がお互いを

好き合っているからなんだろう

きっと当たり前の幸せなんだろう

こんなに君が好き

文学
10 /21 2012
こんなに君が好き

もう当たり前の毎日になっている

甘いだけじゃないけど

熱いだけじゃないけど

こんなに君が大切だよ

流れる心のやりとり

緩んだ頬のカーブ

癒されていくんだよ

君と過ごす時間に

ずっと見つめていたいくらい

こんなに君が好き

もう当たり前の毎日なっている

こんなに君が好き

いつまでも大切にするよ

優しい愛を奏でながら

文学
10 /20 2012
昨日夢で見た光は

理想の恋の姿

でも叶えてみようと思うんだ

君とならできそうな気がする

優しく笑顔がこぼれるのは

本当に素敵な夢だったから

君に話すと君も笑って

同じ夢を眺めている

どれだけ叶えられるかな

とりあえず一緒に歩いて行こう

繰り返す日常に

優しい愛を奏でながら

一歩ずつ夢を叶えよう

神様が答えられるように

文学
10 /19 2012
君がくれる好きという言葉に

心が癒されていく

どんな風に幸せに変わっていくのだろう

分からないけど大切にするよ

君のことを大切にするよ

ありふれている幸せも

世界で一番の幸せも

僕が叶えてあげたいなんて

考えているんだいつも

君の心の全てを

優しく抱きしめていよう

君の恋に答えがあるとしたら

それは僕だと神様が答えられるように

僕は君を愛していく

ずっとずっと君だけを

いつまでも寄り添っていられるように

文学
10 /18 2012
君を幸せにしたい

この恋に君を映している

鮮明に未来は見えないけど

君の幸せをイメージする

僕が選んだ君のことを

僕を信じた君のことを

何十年後もいつまでも

大切にしていきたいんだ

恋が形を変えても

愛していると伝えられるように

僕は叶えたい

君が幸せだったと

振り返れば笑顔になれる未来を

今つないだこの手には

そんな約束の誓いがあるんだ

心から君を愛している

いつまでも寄り添っていられるように

幸せへと吹かれよう

文学
10 /16 2012
歌を歌っても ギターを弾いても

響くのは君への愛

切なくなるんだよ

でも優しくなれるんだよ

心に君を抱きしめる

もう少しバラードを歌っていてもいいかな

優しく抱いていたいから

こぼれた笑顔は

心の中にいるありのままの君ならば

その笑顔を僕の宝物にしていいかな

僕の心に覚えて無くさないよ

君を温めて 心を溶かして

素敵なメロディーに乗せて

幸せへと吹かれよう

優しく呼吸をしていこう

文学
10 /14 2012
日常の景色に

君を描ける幸せがあるから

僕の心に飾っておこう

大切な光になる

温もりは永遠の味方になってくれる

君がいること 手を繋いだこと

笑顔を交わしたこと

もしも君を失ったなら

悲しみさえ大きくなるけど

こんなに大切な想いは他にない

君が教えてくれた幸せ

僕がある限り

君の全てを守るよ

幸せを信じ続けて

優しく呼吸をしていこう

この恋を叶えて

文学
10 /13 2012
愛しているという言葉が

君だけを求めている

心で響かせると

淡い恋が頬を染めるよ

綺麗な夕焼けは

君を飾るスクリーンみたい

君を映している

僕の心のすべて

膨らんではじけそうだ

甘く火照る思いも

くすぐったいイメージの中も

君に触れると愛しさに変わっていくのだろう

君を愛したい

君を守りたい

この恋を叶えて幸せを描くよ

必ず君に笑顔を贈るよ

なお☆きいろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。