この愛に包まれて良かったと

僕の愛が君の心に幸せを描けるように

そっと委ねて そのまま恋して

温もりの中 愛に落ちてよ

僕が今抱きしめているのは

君を作っている全てなんだよ

心の中に仕舞っている過去さえ

君を守りたい出来事なんだよ

明日という未来に 十年後の未来に

この愛に包まれて良かったと

そんな風に思わせてあげるよ

こんなにも君を愛しているから

スポンサーサイト

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

待ち合わせの場所で

これから何度口ずさんでも

この愛しい記憶を思い出せるような

君の笑顔からこぼれるメロディに

愛していると歌詞を乗せるよ

雨が降ってきたから

傘を広げて君を待っている

雨に塗られた街の景色が

君への想いを教えてくれる

愛しさの階段を心の真ん中まで下りていく

愛しい記憶がくすぐったいような強さで

僕の胸を温め始める

もうすぐ君に会える待ち合わせの場所で

今すぐ君に会いたいなんて

そんな気持ちが胸を埋めるよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

感じる優しさを信じて

君の目に映るすべては

現実という形あるもの

君の心に映るすべては

真実ばかりではない

だから優しく優しく

心を撫でればいいんだよ

傷つかないなんて難しいから

胸の痛みに涙するけど

頑張って頑張っていたら

ふいに笑顔が君を包むだろう

未来を照らす光は 遠すぎて夢の世界

希望と不安なぜ手を繋いでいるの

分からないままでもいいじゃない

心を照らす光は 君を明日に導いてくれる

少しずつ少しずつでも きっと素敵になれているよ

だから優しく だから優しく

君のままの心を撫でればいいんだよ

感じる優しさを信じて

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

愛が頬を染め続けるように

明日が晴れるように願えることも

雨降りの時間にでも

笑顔を見つけられることも

君がくれた優しさがこの胸に残っているから

僕の心の中から消えてしまうことはないけど

もっともっと君が欲しくなるから

抱きしめて温もりを結ぶよ

恋心が癒し合って互いを幸せにしていく

君からこぼれる少し照れた笑顔は

愛しているの言葉に火照った

もっともっと君を求めるよ

明日が続く限り

ずっとずっと温もりを結ぶよ

愛が頬を染め続けるように

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

この恋が明日の笑顔になるから

この恋が明日の笑顔になるから

君が僕の心を温めるから

心の奥から顔を出した

お互いの好きを寄り添い合わせよう

不安でいっぱいの毎日に埋もれて

自分の心を慰めてみても

小さな後悔を繰り返すだけ

もっと強くなれたらいいなと

だけど君に出会えたことで

本当の自分に素直になれた

この恋が明日の笑顔になるから

君が僕の心を温めるから

だから君を描く未来だけは

僕の全力の優しさで

幸せに彩っていくんだ

幸せで温めていくんだ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君の胸の中にある愛情に

僕の歌声を届けて

楽しく揺れるといいな

優しくくすぐれたらいいな

きっと繋がっているよ

僕の歌声が

僕の奏でる言葉が

君の胸の中にある愛情に

繋がっていると信じている

彩られているのは

君を描いた未来で

これからも叶えていける幸せ

心地よいぬくもりで

愛しくキスできるといいな

いつまでも繋がっているよ

僕が歌い続ける歌は

君の胸の中にある愛情に

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

僕の心に届いたよ

君の眼差しから感じる優しい心

不器用でも誰よりも深く

本当の愛の意味に気づいている

心に問いかけては

もっと上手に歌いたいと思うけど

こんなに僕の心は癒されている

君が描くその夢の途中で

君の眼差し 君の言葉は

ちゃんと僕の心に届いたよ

歌える歌がある

叶えたい夢がある

また君に出会える未来がある

こんなふうに君を愛していいかな

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

こんなに愛しさをくれるから

君を見つめて胸を撫でる思いは

愛しさ優しさに染められている

君が笑う 君が歌う 君が問いかけている

その姿が愛し過ぎて

僕の心に君の心が届いたときには

全てを僕が愛するよ

心に温もりを灯し続けて

君はこんなに僕に愛しさをくれるから

君はそっと寄りかかっていいよ

僕が君を守り続けるよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

幸せに

君との恋のページが

続いていくこの物語に

今日も愛していると書き足した

だってこんなに愛しいから

何度立ち止まっても

何度読み返しても

君が優しく包まれるように

僕の心を

君を想う僕の心を

書き足しているから

君を愛しているから

君の心が幸せに眠れるように

君の夢が幸せに寄り添うように

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

もっと好きになれるから

愛しているの言葉は

どのくらい好きにれば

君に伝えていいのかな

確かに愛しているのに

君のことばかり考えているよ

気が付けば君に癒されているよ

だからもっともっともっと

君を好きになれると思うんだ

確かに愛しているのに

君はもっと好きにさせるよ

君が好きだよ

伝える言葉に君は笑ってくれるね

明日もっと君を好きになれそうだから

愛しているの言葉はまた明日へ

いつかあふれるだろう

愛している

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君だけに贈るラブソングに

大好きなラブソングに

君を重ねられるから

僕は心から

君を愛していると気付く

愛していると歌う歌以上に

もっと君を愛していけるよ

そんな風に僕が作詞して

君の幸せを叶えていくよ

共に踊る恋の歌

共に揺れる愛の歌

君だけに贈るラブソングに

永遠の愛を誓うよ

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

いつでも君がいる

いつでも君がいる

気付けば君を想っている

例え話も明日君を笑顔にする

脚本を書いているようで

こんな言葉を贈ろうなんて

浮かんでは明日を待っているけど

いつもいつも会えたその瞬間に

笑ってしまうから言いそびれる

暖かく行き交う音色は

君と僕の愛の言葉

一緒にいるだけで

同じ時を過ごすだけで

こんなにも癒されていく

僕の胸に伝わる

君の頬の温もりを感じて

君に告げよう

愛している

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学