愛している君の全て

愛している君の瞳

愛している君の声

続いていくこの時に

君の笑顔が欲しいよ。

心に映す君への思いも

夜空に映す君への祈りも

強く君を抱きしめている

愛している君の全て。

見つめている僕の瞳に

君の心を預けてよ。

心に誓う君への言葉も

星空に記す君への約束も

いつも君を抱きしめている

愛している君の全て。

スポンサーサイト

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

心の光

どんな光を求めて笑っているのだろう。

その答えが霞んで見えなくなっても

出会える優しさが胸を癒していくよ。

希望という素敵な現実は

毎日の中で微笑んでいる。

僕の夢は消えることのない

心の光になって灯っている。

幸せという訪れる現実は

努力の向こうで微笑んでいる。

僕の愛は消えることのない

心の光になって灯っている。

信じる心を決して無くさない

心の光を絶やさないよ。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

愛の音符を並べている

僕の心を奏でられたら

愛の音符を並べている

君が好き、好き、好きと

ちょっと火照ったメロディで歌うよ。

君の心と一つになれたら

愛の言葉を並べている

君が好き、好き、好きと

もっと笑顔のメロディで歌うよ。

君が好き、好き、好きだよ

温もりだらけのメロディで歌うよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

大切な君だから

君の眼差しが綺麗なのは

君の心の奥に在る

小さな優しさが綺麗だから

とても大切な君だから。

君の不安が綺麗なのは

君の心の奥に在る

小さな勇気が綺麗だから

とても大切な強さだよ。

笑っていられるよ

楽しい気持ちになれるよ

今日も見つけた優しさで

未来に小さな夢を見ている。

ひとつずつ笑顔を重ねていこう

君に居て欲しいと願うよ

とても大切な君だから。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

恋の色

笑顔の続きを

目を閉じて感じている。

君のことを思うばかりの

夢を見て眠りたい。

色付いていくこの夢は

恋の色というのでしょうか。

君の頬に似ているよ

ほんわり火照った優しい色。

心を寄せ合って

触れる肌は恋の色。

このまま恋に抱かれて眠るよ

君のことを思いながら

君に恋を感じながら

恋の色に染められていく。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

心に

心に触れる

迷いながら触れる

思いだけど信じている。

優しさも弱さも強さも全部

僕の心で受け止めて。

誰かの優しさを

一瞬の微笑みに変えて

俯いて見てた視線を辞めにして

前を向いて歩き出すよ。

頑張るたびに覚えていく

喜びや悲しみを見つめて

幸せの意味を見つけていける

もっと綺麗になっていける。

心に増えていく

迷いながらも増えていく

幸せを信じていこう。

優しさも悔しさも強さも全部

僕の心の光になっている。

そして大切な君を照らしていこう

大切な君を温めるよ。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

君に出会って

分からなかった愛の行方は

君に出会って動き出した。

描いた恋と感じる恋が

すれ違いを繰り返していた。

だけど君に出会って

素直に愛しいと思えた。

これが恋だと信じられる幸せを

君だけが教えてくれるよ。

ただ一人だけの君を

ただ一つだけの恋を

抱きしめたから

ずっと温め続けていくよ

君の笑顔を 

染まる頬を

僕の全てで。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

真実色の光

僕が放てる光は

君を守る色で輝くよ。

君を癒せる色の光を放ち

君を守っていくから。

誰もが玉虫色の光に戸惑うけど、

君に贈る僕の光は

滲まずに君を守るよ。

僕の光 君の光

重なり合えば輝く愛の色。

ずっと笑っていられると

この愛の色に感じている。

僕は君だから

君は僕だから

ただひとつ真実色の

光が見えるよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君とだから

君を見つめていられる

幸せを心に感じながら

笑顔 未来を描けば

決して負けない力に変わるよ。

生まれてくる思いには

温もりが溢れていて

君に返すように抱きしめれば

決して消えない愛に変わるよ。

ずっと君と寄り添いながら

生まれてくる思いを大切に

君とだから幸せなんだ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君の心が愛しいよ

君が今

心に絡まっている

不安を解けずにいるなら

ちょっとだけ心を休めて

僕を思ってほしい。

君の頑張っている姿に

僕は恋をしているよ。

僕の手をそっと差し伸べるよ

二人で解いてみようよ。

人間は誰でも

頑張っている途中に

不安とおしゃべりする

そして立ち止まることもあるから、

そんなときはいつでも

僕を思ってほしい。

君の真剣な姿に

答えを探してる瞳に

僕は恋をしているよ

そんな君が愛しいよ

君の心が愛しいよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

恋をしている

君に笑顔が降り注げば

僕も幸せになれるよ。

そんな風に感じ始めて

君に恋をしていると気付いた。

胸に咲いたまだ弱気な心は

君に会うたびに少しずつ

でも強く君を覚えていく

愛しいと歌っている。

君を幸せにできる約束を

見つけたときに

君を強く抱きしめたい

君をずっと愛していたい。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

頑張っていくんだ

いつまでも心を

癒やしてくれる思い出は

真剣に頑張った日々が

運んできた優しさ。

無邪気だった頃の思い出にも

よく似ているけど、

大人になった僕を

優しく包む思い出は

自分に負けずに頑張った日々が

運んできた優しさの中で生まれている。

涙を堪えることに

少しずつなれてきたけど、

僕は覚えた優しさを忘れず

今日もまた夢へ向かうよ。

きっといつか思い出たちが

幸せに変わって行くから、

今日も僕は頑張って行くんだ

描いている夢に向かって

頑張って行くんだ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学