記事一覧

花火

打ち上げ花火から流れる涙が綺麗で、僕の心の優しい場所でキラキラと光って胸を撫でるよ。ねぇ、君の目にはどんな風にあの光が見えているの。僕が優しく抱きしめられるなら、また来年も、その向こうの未来でも肩を寄せ合い眺めようね、心に映るこの花火を。...

続きを読む

未来の日に、もう一度

君への愛しさは僕の心を柔らかな温度で温めるよ。言葉に変わって「愛している」と、心躍るメロディーのようにとても楽しくて、本当に幸せで。君と過ごしている毎日を綴った二人だけの物語を振り返るたびもう一度、幸せが生まれるよ。明日の未来も、遠い未来も二人だけの物語を語ろう。今日の幸せで未来の日にもう一度、幸せが生まれるように、そんな風に君を愛していくよ。...

続きを読む

恋の行く場所

愛しているよ、この恋の行く場所はきっと君だけを求める時間。横顔から零れる笑顔が僕の心を潤していく。優しい炭酸水がはじけて僕の心をくすぐっている。これから君と未来を歩くから離れずにいつも傍にいて、いつでまでも温もりを感じ合っていこう。...

続きを読む

君は輝けるから

笑っていられるとため息が優しくなったよ。うまくいかないことが訪れるのはきっと当たり前の出来事。頑張ってきたけど不安になるのは本当に頑張ってきた証拠だよ。成功とか、幸せとか、とても大事なことだけど、失敗とか、ついてないとか、意味ある大切なものに変わる。きっとあのときの悲しみはいつか優しさに変わって、大切な人の傷ついた心をそっと守ってくれるよ。未来にひとつ、またひとつ、笑顔は咲かせていけるから、問いか...

続きを読む

ひとつめの願いに

ひとつめの願いに浮かぶ、君のことを考えている。いつまでも君と一緒にと願おうかな、君と幸せでいられますようにと願おうかな。同じだって笑っている、僕の心は君だけ。ひとつめの願いに必ず、君のことを考えている。いつまでも君を愛していると誓うよ、君を幸せにすると誓うよ。ひとつめの願いにいつも君がいるよ。...

続きを読む

今日の日のように

夢を乗せて感じた心のとても優しい気持ちに、君と笑っている明日があるよ。鍵のように交差する指が二人の心を開いていく。君の心に愛を預けるからどんなときも君を守っている。描いた夢は二人の未来がいつまでも今日の日のように。...

続きを読む

いつでも灯している

この思いを感じられる何かに変えられるならば、今すぐ君の心を包みたい。抱きしめるだけ、伝わる温もりにこの思いを溶かしていく。不器用に集めた言葉が優しさになって小さくても綺麗な笑顔が生まれるよ。毎日という理想と現実の中でいつでも感じている君に触れている感触。心の日記には「今日も愛している」と綴るページが増えていく。僕という一人の人間の心に、体に、君という愛があるんだ。毎日と言う理想と現実の中でいつでも...

続きを読む

君という存在

恋になるときに感じていたもっともっと君を愛していけること。特別な理由なんて分からないけど、僕も特別な人間ではないから。君を見つけて、ときめいて、好きになって恋をするこの心を感じたんだ。これからもっともっと君を愛していけるよ。特別な理由なんて分からないけど、僕にとって特別な恋になる。僕にとって特別な存在。...

続きを読む

優しさを信じて

寂しさひとつを飲み込んだって君はとても綺麗だよ。ため息ひとつ、時の意地悪、きっと未来で笑えるさ。自分の心を好きになれずにいても問いかけて大切にしてよ。巡り巡ってもっと綺麗になれるから、気付いている優しさを信じて歩いていこう。...

続きを読む

二人の星で

同じ恋のかけらを持っているだから二人は出会えたんだ手を繋いでひとつになって恋のかけらを合わせてみれば君と僕が好きな真実のように輝きを放つ星が生まれるよ二人で同じ色の光を放って二人の全てを照らしていこう二人の全てを見つめていこう...

続きを読む

恋の温もりを

君の手を握るたびに恋の温もりってものを感じているよ、きっとこれからも心を温め続ける。融けていくほど君が近くなっていく混ざり合った恋でひとつになるよ。二人寄り添ったまま、繋いだ手を握り締めたまま、温かな空気に包まれて、優しく吹く風に乗って行こうよ。未来ってところで一緒に笑っていようね、微笑んだ恋の温もりをいつまでもひとつの心に。...

続きを読む

もっと大きな何かに

ひとつ、小さな歌を歌うために頑張っているんだ。心、迷っても繋がっている未来で幸せが生まれる。小さな歌の歌詞とメロディーは、心を癒す力を持っていて、ほら、誰かの涙顔にそっと触れれば、希望の温もりに変わっていく。心に問いかけた答えを探すのは、自分自身のことであっても、そこにみんなの思いがあるから、たくさんの笑顔に変わっていく。そして気付いていくもっと大きな何かに。...

続きを読む

プロフィール

なお☆きいろ

Author:なお☆きいろ