水色の空はとても暖かくて

微笑む恋を教えてくれるよ。

心の中に写してある

君の笑顔を浮かべて

優しく僕の元気に変わっていく。

雨色の空は少し儚くて

不安な恋の幻を見せるよ。

心の中に写してある

君の涙に打たれて

必ず僕の未来で守っていく。

虹色の空も

星色の空も

二人の幸せを映すから。

スポンサーサイト

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

この絵の具で

君に恋するこの想いと

君を愛するこの想いは、

僕の心でひとつに溶けて

綺麗な色に変わるから、

未来を描く絵の具できればいいな。

暖かな優しさを描いて、

君を守る強さ誓って、

二人で叶える夢を彩って、

君の幸せを描かせてほしい。

いつまでも色褪せない愛を。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

愛の写真

大好きなその声を聞かせてよ、

もっと愛したいから。

僕の記憶に届くように

響いては、君を浮かべている。

大好きなその心を話してよ、

もっと愛したいから。

僕の未来に届くように

囁けば、君を映している。

このままこれからも

君を愛していくよ。

この時に浮かべている君の姿が

僕にとって心地よい愛の写真。

君を映すこの幸せが大好き。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

心の大切さ

笑顔を忘れないよ。

心を無くさないよ。

だってこんなにも助けられている、

少しずつ強くなれている。

気付くと言う意味は

とても大切なことだから、

悩んだり、どうしようもなく寂しくても

晴れる未来を信じよう。

失ったものが教えてくれるのは、

心の大切さなのだろう。

胸の中で悲しく光る星も

新しい優しさを教えてくれるよ。

僕の胸の星空を彩っている。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

君がいる

夜空いっぱいに

光る星たちを見つめて

問い掛けてくる感情に

君がいる、

君との未来を描いている。

心が洗われていく

そんなときも君だけは消えない。

僕の心のとても澄んだ場所に

君が確かにいるから。

愛している

きっとそれだけなのに。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

優しく触れる風のように

君の素肌を愛で撫でるよ。

心が笑顔になっていく。

心が希望を描いている。

君がそんな風に信じられるように

優しく吹き続けていくよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

電波塔

同じ時に君の仕草を

隣で感じられていること。

当たり前となっているけど、

横顔を見れば愛しくて。

聴きなれた声の音色は

いつでも僕の心に届いて

心の奥にある電波塔から

大切なものと伝えてくる。

過ごしていく毎日の中で

思いを伝え合って、

いつまでも、いつまでも

君の隣にいられるように。

君を感じていられるように。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

僕と君の時の中で

この想いを言葉で抱いて

君に伝えたいよ。

無くせない人だと気付いている

君を愛している。

君がいるから僕は幸せで、

君がいるから頑張れる。

ずっと守っていく約束をするよ、

ずっとそばにいて欲しいから。

描いていく幸せはカラフル、

それともシンプル?

二人でしか描けない

かけがえのない毎日を描いていこう。

僕と君の時の中で。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君と出会って

心に灯った気持ち。

こんなにも恋を感じている。

時の流れのいたずらだって

運命に変えていけるでしょ。

君に惹かれていくのは

君だけを思っているから。

自分の心に嘘をつけない思い。

瞼を閉じると胸の感覚が

もっと君を求め出すよ。

何も考えずにいることができない。

二十四時間

君を思っているから。

君に告げるよ、大好きだよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

守るからね

君の声が僕に入れば

感じる恋の温もり。

微笑みながら生まれる優しさは

君の心へ贈ろう。

包むように「愛している」と

君の心へ贈ろう。

僕の声が君に入って

伝える恋の温もり。

微笑み浮かべて生まれた優しさを

君の心に感じて。

守りたい、君の心。

守るからね、君の全て。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君を求めている

心ひとつをそっと見つめれば、

本当の恋に出会えるから。

僕の心が君を求め出す。

少し速くなった鼓動に気付くほど

君を好きになっていた。

夢の中には仕舞えなくて

君への思いが溢れ出す。

「君を守りたい」

心を掴んでくる。

君を求めている、僕の全てが。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

永遠に

幸せをひとつ見つけた。

君のことを見つけた。

寂しかった僕の心に

笑顔が生まれてきたよ。

君との未来が記されている

この本の表紙を開こう。

ページを捲るたびに

二人の距離が縮まっていく。

そっと重なり合う愛の心は

幸せの文を記している。

やがて最後のページに

二人がたどりついても

記した愛は続いていく。

永遠に君を愛している。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学