記事一覧

ヒロイン

君に触れたときに感じる大切な思い。過ぎた日々が心に現れ、あの日の映画を映すよ。笑顔をくれたこと。僕を愛してくれたこと。そして、今、君を僕の感情の全てに感じている。僕は愛している、君を愛している、僕の映画のヒロイン、君しかいないよ。...

続きを読む

また

忘れられないよ、忘れはしないよ。僕の心にあなたの愛が刻まれているから。辛くても頑張っていた、生きるという光を追いかけて。信じる気持ち、願う気持ち、僕の心に消せなかった。だけど、時の流れに訪れる悲しみ、本当の愛を教えてくれる。あなた亡き日々は、どんな明日になるのだろう。分からない、でも、あなたが心にいること、変わらない。また僕に教えてください。また悩み事聞いてください。僕はあなたを忘れはしない。...

続きを読む

君という光

君への思いが一つずつ星に変わるなら、どんなに綺麗な星空が広がるのだろう。笑顔は黄色で、涙は青色。君が放つ色とりどりの光を全て僕の瞳に映すよ。僕の心の中、全ての光が重なり、君色の光が届くよ。僕の心を温めるのは君という一つだけの光。この世界で一つだけの光。...

続きを読む

いつまでも記憶の中に

僕の心の帰り道、君の記憶がある場所へ。そっと心を寄せたい時がある、そんな時に帰りたい場所。優しい記憶、怒られた記憶、共に悩み、励ましてくれた記憶。全てが今の僕の味方になって、疲れた心を癒してくれるよ。僕の心の進む道、君の記憶も連れて行くよ。そっと心に伝えたいことがある、そう僕の大切な人へ。君が教えてくれたことを、未来の僕や出会う誰かの輝きに変えていくから。ありがとう、僕は頑張れるよ。ありがとう、あ...

続きを読む

君がいたから。僕がいるから。

未来へ思いを繋いでいく。優しい記憶になる。例えばこの一秒だけでも、君が生きる意味があるんだろう。僕の心に刻まれる記憶は僕の一部になるから、嬉しくも、楽しくも、悲しくも、辛くもあるけど、君がいたことは僕の命になっている。君の思いを繋いで、僕は未来へ進む。困難なことも多いけれど、君にもらった優しさがある。僕が作れる優しさがある。またいつか誰かの優しさに繋がっていくよ。君がいたから。僕がいるから。...

続きを読む

君と僕で

でもね、君が好きだから、負けることはしないんだよ。どんなに辛いことがあったって、笑顔を忘れない場所がある。君が、今まで僕にくれた笑顔は全て宝物だよ。どんなに悲しいことがあったって、優しさを忘れない場所がある。隣で歩いている。手を繋ぎ連れて行ける。立ち止まるなら、待っているよ、抱きしめ温めるよ。君と作る人生だから。君と作る幸せだから。...

続きを読む

僕が生きる時の全てを

君が笑ってくれるから、僕はまた愛を覚えていく。君が涙を堪えているから、僕はまた愛を知っていく。見つけたときから、ずっと愛していくような思いが生まれていたけど、こうして時を重ねて、確かな思いを感じているんだ。君の全てを僕の心の中に、抱きしめさせて欲しい。君を幸せにできるのなら、僕が生きる時の全てを、君に捧ぐよ。愛している。...

続きを読む

ハーモニー

君を思うことで、歌が生まれ、また君への恋を感じている。とても優しいメロディーが、僕に笑顔を連れてくるよ。君の笑顔を見つめると、僕の心に溶け込んでいく。僕も微笑み、溢れ出すよ。君に贈る歌は、君を包む僕の愛。ずっと二人で日常を奏でながら、声を合わせて歌っていこうよ。僕らの幸せを歌う終わらないハーモニー。...

続きを読む

希望、未来、負けない心

悲しみを覚え、生きてきた。辛い日々もあった。だけど胸に感じているのは、誰かの優しさなんだ。涙が溢れたこと、今も覚えているけど、頑張ろうって、僕でありたいって、強く感じて進んだ。負けないように、負けないように、立ち止まっても、負けないように。覚えた笑顔は、悲しみよりも僕の胸にあるから。覚えた優しさは、涙さえも僕の胸を温めるよ。希望、未来、負けない心。...

続きを読む

存在

君という愛を日常に描き、今日も明日へ向かって歩く。今日、君が在ること。今日、僕が在ること。全ての意味に君がいる。僕の全てを支えてくれる。大切な君が、共に時を過ごしてくれる、時の流れを穏やかにして。互いに愛を感じながら、かけがえのない愛、存在、君を愛すること、君が在ること。それが僕の在る全て。...

続きを読む

君の笑顔を

とても大好きな君の笑顔が、街の明かりの中へ舞い上がっていく。全ての光が僕らの恋に染まって、包み込むように。二人で夜空まで舞い上がり、この綺麗な夜景を見られたなら、僕は必ず誓うからね、君の笑顔を未来でも守るよ。輝き続けよう、いつまでも。...

続きを読む

社会という日常の中で

笑顔を思い出して、今日の不安に重ねた。嫌なことばかりじゃない。そんな言葉が胸を撫でるよ。ひとつついた溜息が、妙に優しく包んだ。悩み疲れてしまったから、とりあえず休んでみるよ。間違ってなんかない、そうやってぶつかり、また一歩前に進めるんだろう。誰もがみんな臆病だから、辻褄合わせて生きる。間違いじゃないけど、優しさだけは、忘れずに、無くさずに、大切に生きていこう。社会という日常の中で。...

続きを読む

プロフィール

なお☆きいろ

Author:なお☆きいろ