記事一覧

ほら、笑顔。

泣き出した君の頬を僕の手で包んだ時に、涙がまだ温かくて、切なさを抱き締めてしまうよ。涙が止まるまで僕の胸にいつまででもしがみついていてよ。少しだけ強く抱き締めるのは、君を愛しているから。君を守っていたいんだ。ほら、笑顔、笑顔、笑顔。...

続きを読む

優しい月

月の光は、心に触れる。見上げてみて、ただ時に落ちてゆく。自分を探したり、君を見つけたり、笑顔を思い出したり、君に会いたくなったり。君から届いたメールの、優しい光にはしゃいで、笑顔を見つけた君が綺麗。僕の心も微笑むから、「君に届け」と見上げて祈っている。きらりと、きらりと君を想う気持ちよ。ただ優しく君を照らし、包み込むように。...

続きを読む

約束

君が呼吸するたび、僕は色づいていく。ただそばにいて欲しい、横顔を見つめていたい。とても穏やかな風が流れていく。だけど、僕の鼓動は、少しだけ駆け足している。君の笑顔が僕に映って、恋に落ちているからだろう。君が抱えてきた過去にそっと触れて、抱きしめて僕の一部にするから、そっと寄りかかってよ。僕が支えていくから。ずっと支えていくから。...

続きを読む

君を守る為に

僕の夢の中に、もっと君を描きたい。ねぇ、いいかな。きっと君を幸せにできるはず、だから僕も頑張れるんだよ。君を好きと僕の夢が、重なり合って、奏でるそのメロディーが、君の笑顔を作っていけるように、僕はただまっすぐに君を愛していくよ。必ずこの夢を叶えるんだ。そして君を強く守っていくんだ。...

続きを読む

二人

たった一つの宝物は、君がここに在ること。何よりも大切なのは、君が心に在ること。君を選んだことに、何一つも迷いなんかない。愛している、君のこと。二人、過ごしていく日々は、ありふれた日常の中で、何気ない一つのストーリーだとしても、君の心を僕が彩って、素敵な時を贈るよ。二人、一緒にいられる幸せ。...

続きを読む

君に贈る花束

君と交わした言葉で、恋が一つ咲いた。君を見つめた眼差しで、恋が一つ咲いた。君を抱きしめた温もりで、恋が一つ咲いた。君にキスしたときめきで、恋が一つ咲いた。数え切れぬほど君を、僕の心に咲かせたい。君に贈る花束は、僕の恋で育てた花を、愛で包んで君に届けよう。花言葉は、「君を永久に愛すと誓う。」...

続きを読む

君を見つけた

心の中でほころんだ笑顔が恋を連れてくる。まだぎこちない笑顔だけど、胸に優しさを感じている。君を見つめていると、抱き寄せたくなるから、感じている僕の中の好きという全ての感覚。もっと君を感じたら、もっと君を好きになっていく。もっと君を知ったら、君を離せなくなるだろう。出会わないと気付かぬ恋も、すり抜けていくものばかり。だけど、君を見つけたら、その瞬間に惹かれていた。君に恋をしていた。運命の君を見つけた...

続きを読む

you

僕と恋に落ちて欲しい。君の優しさが胸を打つよ。僕と恋に落ちて欲しい。君の寂しさが愛しいから。ちょっとずつ混ざり合った純粋さと不安の思い。分からなくなって、泣かないことを選んで、本当の恋を忘れていく。だけど君に出会って、君の事を知って、少しずつ好きになっていた。愛に気付いてしまって、また君に会いたい。僕の時間を止めるよ。切ない恋になっても、僕は君を選びたい。胸に強く君を描いていく。君の笑顔を僕が守っ...

続きを読む

涙を包みたい

眼差しの中に生まれた星屑のような涙の光。そっと零してもいいよ。僕を濡らせばいい。涙の訳を話して。涙の君を守りたいから。僕の心に落として。僕の記憶に染み込ませるから。僕の思いで包んで、君の心に優しく届けるよ。君はもう僕の心に、失えない場所があるんだ。かけがえのない存在の君は僕の全て。君を愛している。...

続きを読む

真実の恋は

愛だったみたい。君を見つけたことが、僕の愛の全ての始まり。恋だったみたい。愛を感じたことが、僕の恋の全ての始まり。君に出会えてよかった。君に出会えた人生でよかった。だって、僕は終わることなくずっと、愛することを知っていけるから。愛する君に恋をしている。真実の恋は、愛の中に。...

続きを読む

信じる心

もっと優しくていい。自信を持てずにいるなら。もっと頑張ればいい。君はどう感じているの。「分からない、分からない。」誰もが虚しさを感じている。「現実」と自分に言い聞かせている。だけど、君は負けないで、少しずつ綺麗になっていけるよ。「諦めない。」って、自分を信じること。「諦めない。」って、自分を磨いていくこと。もっと優しくていい。自分を信じていけばいい。...

続きを読む

君を幸せにできるように

君の夢で目が覚めて、時計の針を探した。写真のように君が浮かんで、ただ君を感じていた。また静かに眠りについてた。愛しい君の笑った顔が、切なさを連れてくる。真剣な恋だから、君を幸せにしたいから。今日も朝を迎え、また未来へ歩いて行く。君をもっと抱きしめて行く。君を幸せにできるように。...

続きを読む

プロフィール

なお☆きいろ

Author:なお☆きいろ