明日へ向かって、おやすみ。

今日はちょっと疲れたから、

おやすみに寄り掛かろう。

毎日忙しく、頭、心、体を

一生懸命に火照らせて、

今日の日を頑張っているんだ。

僕がここにある為、

誰かを守る為に、

僕は授かった命を灯して、

頑張ることの意味を知る。

守りたいものがある。

守りたい人がいる。

僕は明日へ向かって、

おやすみ。

スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

あなただけが心に

あなたがいる。

あなたがいる。

何よりも嬉しくなれるよ。

あなたがいる。

あなたがいる。

何よりも頑張れるんだよ。

あなたのこと。

あなたのこと。

誰よりも大切に思うよ。

あなたのこと。

あなたのこと。

誰よりも幸せにしたいよ。

私の全てを賭けてでも、

あなたを愛し続けたい。

あなただけが心に。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

今日の笑顔を

希望の光は君の存在。

僕の大切な宝物。

今日の笑顔を明日も守ろう、

響かせていくよ、愛の言葉。

君の笑い声のメロディー、

目じりが描く曲線、

僕の胸に映されて、

消えない記憶が優しい。

未来の僕らは数え切れない、

愛の記憶を胸に映して、

寄り添いながら笑っているのだろう、

幸せの光を放って。

今日の笑顔をずっと守ろう。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君だけ

愛しすぎるその心、

君がくれた優しさ。

見えない答えに、

胸が苦しくて、

負けたくはないから、

涙は流せなかった。

だけど気付けば、

君の笑顔があって

大丈夫と包んでくれる。

君がくれた言葉に、

愛しすぎる気持ちを見つけた。

ほんの少しだけ甘えていいかな。

未来は必ず僕が守るから。

ずっと隣にいて欲しいのは、

ただ一人、君だけ。

愛しすぎる君だけ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

君を好きに


好きを贈るのは

君の体の中。

君の心へと宛先を書いた。

君は喜んでくれるのかな、

受け取ってくれるのかな。

僕はずっと温めていた

優しく強く抱き締めて。

君の全てを包んでいける、

いつも心に問い掛けて

僕の中に見つけた答え。

愛しさが溢れるから、

今すぐに、

抱き締めたい。

君の全てを守りたいよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

未来にあるんだ

小さな寂しさが

胸の中をくすぐる。

左の手のひらに頬をつけてさ、

頬杖ついて、深呼吸。

時の優しさに、心を預けて、

今夜はそっと眠ろう。

何とかなるさ。

まぁ、いいかと思うさ。

時の流れが消しゴムのように、

チクリと痛む、

嫌なことだけ消してくれるさ。

眠りに落ちて、

夢に癒されて、

目が覚めて、深呼吸できたなら、

色鉛筆を持って

未来を描いて行こう。

きっと素敵に彩られるから。

新しい幸せは未来にあるんだ。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

夢の始まりに

夢の始まりに感じている。

数え切れないほどの優しさ。

とても素晴らしい日々を過ごして、

僕は生きてきたんだ。

優しいだけの日々じゃないけど、

辛くて悩んだりもするけど、

僕は今、この夢が大好き。

だから、強く頑張っていられるんだ。

今日は君の笑顔に出会って、

明日はまた新しい笑顔に、

出会って行けるんだ。

だから、僕も精一杯に頑張って、

みんなの笑顔に会いに行くんだ。

僕の夢の光が誰かの

笑顔に変わってくれるのかな。

僕の夢の光が

誰かの心に優しく届く、

そんな日を夢見て進むよ。

僕は信じて頑張るよ。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

君の名前

君の名前を

思い浮かべて、

心優しく、目を閉じた。

振り向く君を

思い浮かべて、

笑顔優しく、抱きしめた。

結構、人気がある名前の

一人のはずの君なのに。

その名前は、

世界中で誰よりも、

君に似合っていると感じている。

君の名前を歌えば、

こんなに可愛い笑顔の

君が浮かぶから。

君だけ。

君だけ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

いくつの愛が、

僕の命なのだろう。

永久に消えないのは、

愛をつなげていく

願い、祈り、優しさ。

争いがまた悲しみを叫んで、

涙の海に沈んでいくよ。

僕らはとても小さく

一輪の花のように咲いている。

君が心に映るときに、

いつか覚えた優しさを思い出すよ。

傷つけ合うことは止めてさ、

愛をつなげて行こうよ。

柔らかな温度に包まれていく

愛をつなごう。

あの星の光も

生まれた日があるんだ、

できないことはないよ、

さぁ、僕らの手で

愛をつなごう。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

夏の日

夏の色を感じて、

恋の色を見つけたよ。

あの青い空を見上げて

君の事を描いている。

夏の音を感じて

恋の音が生まれたよ。

あの青い海に向かって、

君の事を歌っている。

透明色が滲んだ

暑い日のこの景色も

君の笑顔が浮かぶから、

恋の色が溢れ出している。

そっと心、彩られていく。

そっと君に染められていく。

君と歌える

この夏の日が大好き。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学

素敵な未来が

足元を照らす光も、

未来を照らす光も、

希望を信じて頑張る

心に優しい光。

落ち込むこともあるけど、

見えない未来に不安になるけど、

頑張ることを忘れず、

信じることを忘れず、

今日も一つ「僕」を重ねるよ、

大きな心を持てるように。

一つ一つの努力が、

半分半分の力にしかならなくても、

コツコツと重ねていこうよ。

きっと大きな僕になれる。

きっと素敵な未来が待っている。

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

大好きなんだ

今日も君が好き、

繰り返している

切ないメロディーに乗せて。

胸が痛いのは、

君のせいじゃない、

真面目に君を思っているから。

「愛しているよ。」

「大好きなんだ。」

上手く伝えられるように

心の中、何回も何回も

真剣に練習しているよ。

不器用な自分に

嫌気が差すけど、

やっぱり嘘はつけないから。

「愛しているよ。」

「大好きなんだ。」

精一杯、君に伝えよう。

君と幸せな未来を歩きたいよ。

テーマ : 恋愛詩 - ジャンル : 小説・文学