記事一覧

明日も頑張る

優しくなりたい。強くなりたい。この部屋で一人俯いている。今日も心に問いかける。「さぁ、頑張ろう。」って答え探して。夢を描いて、理想を浮かべて、もっともっと大きくなれると、大口を叩いてみては、また一人憂いに泣いているんだ。僕は天才なんかになれない。一歩ずつ進んでいかなくちゃ。だから僕は優しさと強さを探して、「よろしく。」と挨拶している。「僕はこれからなんだ」と心に、言い聞かせて、今日も頑張る。こつこ...

続きを読む

一歩一歩

僕らはいつか気付く。こんなに時を重ねて、こんなに頑張ってきたこと。手にしたものは理想と違う、そんな風に思う日もあった。でも何よりも大切になっている。それは、もっともっと大切になるから、また、一歩ずつ未来へ進むよ。君がいる、夢がある、未来に。大切なものがある心には。...

続きを読む

約束できるよ

そっと恋に落ちて、ずっと僕と笑って行こうよ。君を思う気持ちが、僕にあふれているから。寂し気な笑顔も、きっと僕が綺麗にするから、そっと僕に寄りかかって、僕の思いに包まれてよ。君の人生の中で、僕が一番の男になるんだ。誰よりも大切にするよ、誰にも負けずに愛すよ。日常の生活の中で、君が笑ったり、怒ったり。それが僕が叶えたい、何よりも大切な夢なんだ。愛することはもちろんのこと、いつまでも君に恋していくだろう...

続きを読む

君を幸せにするんだ

綺麗な恋になって、僕の隣にいて欲しい。君はどんな日々を過ごしてきたの、これからは僕が素敵な未来を君に送るよ。涙なんてちょっとずつ空へ、あの空へ飛ばしていけばいい。二人で思い出を作って、変わらぬ愛を守っていこうね。君と出会って生まれた笑顔が、僕の何よりの宝物。抱えたままの寂しさたちが、そっと優しく消えていくよ。始まる恋に永遠を感じる今までは知らなかった気持ち。君を見つけて、僕に沁みこんで、その姿、そ...

続きを読む

君という救い

そっと目を閉じて、眠りに落ちる前に、また君が鮮明に微笑みかけるよ、いつでも君を思っている。僕の体の中に、君が刻まれた場所がある。穏やかな刺激に君への愛を知る、君の存在が僕の全てを救ってくれる。...

続きを読む

未来は

今日も一歩前へ、未来へと僕は進んで行くよ。愛すべきものを探しているんだ。僕は弱い人間だから。あるべき姿を、叶えたい幸せを、寂しさを掻き消すように描いた。訪れるはずさ、今は待ちぼうけしていても、僕を迎えに来る光がある。希望、安らぎ、温かい日々。...

続きを読む

約束

今日はこのままでいい。僕の思いは変わらない。そっと感じて僕の言葉を、愛していると振るわせるから。君に沁み込んで響いて行け。心の奥を包みたい。ぐっと寄せた体から、伝う温もりに約束する。君を守るよ。...

続きを読む

愛した君へ

夜空よりも遠くから、落ちてきた涙のよう。あの日見つけた一番星の涙が僕に落ちてくる。君よ、幸せに。その愛を永遠に。二人が愛し合った日々は、もう戻らないけど、それぞれの幸せへ進んでいる。今夜の雨はキラキラと、輝きながら落ちてくる。君と過ごした思い出が、今も大切なものだから。君を見つけたときに、輝いた一番星は、今、流れ星になって、互いの幸せを願っている。素敵な恋だったね。優しく笑みがこぼれる。切なさもあ...

続きを読む

ぐっすりおやすみ

ぐっすりおやすみ。今夜はそれでいいじゃない。走り続ける毎日。思い続ける毎日。いろんなものを、いろんな思いを、随分と覚えてきたな。その答えが今の僕で、どうしようもないような平凡な男です。だけど、未来へ向かって、歩き続けていくんだ。一つ一つ、また笑顔を生んで、振りまいて、君の幸せを守っていくんだ。明日も頑張ろう、今夜はもう眠ろう。ぐっすりおやすみ、今夜はそれでいいじゃない。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?...

続きを読む

いつまでも、寄り添い

僕が作り出せる愛で、君を幸せにできるかな。僕が笑顔があったなら、君も幸せになれるかな。君が教えてくれた話で、過去の君にも会いたくなった。寂しさは誰もが抱いている。今の君を綺麗と思う。だから心に触れさせて、僕の心に記憶するから。僕は作りだすよ、愛を。君を幸せにする愛を。僕の笑顔でどんなときも、いつまでも君を守るから。二人で寄り添い歩いていこう。...

続きを読む

心・真・信・深

愛するということは、命が作っていけるもの。愛されるということも、命が作っていけるもの。好きになった君には、どんな愛しさが潜んでるの。完璧なんていらない。不器用なところも君ならば。君を見つけて、どうしようもないくらいに、胸が愛を抱いている。決まった答えのない方程式のように、心、感じるままに、君が愛しい。君の全てを、僕の全てで受け止めるよ。...

続きを読む

君の声を

雨が振る夜は、ちょっと切なく心が惑わされるのは何故だろう。だけど君を思い浮かべると、緩やかに変わる僕のリズム。抱き寄せていたい、甘く強く、君の頬を温もりで染めるよ。今日は片思いだったとしても、心の中で愛し合っている。携帯電話から聞こえた声を、「おやすみ」の後も響かせている。今夜も君を覚えたまま、そっと眠りにつくよ。...

続きを読む

プロフィール

なお☆きいろ

Author:なお☆きいろ