記事一覧

心にいつも

心が晴れるような楽しい出来事も、心が落ち着くような優しいこの時も、君の笑顔から生まれて、僕の心に届きます。流れる時間の中、毎日を頑張るのです。疲れて、一息、目を閉じたら、そこには君がいるのです。心にいつも君がいるのです。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆? ☆Thank you! ☆ コメント、ありがとうございました!!☆☆?今日の詩?☆君に恋していることが、今は僕の全てを癒してくれている。だから僕は僕の中に強い心を見つけら...

続きを読む

君が在ること

ただ甘えたらいい、この時だけは。何もかも隠してしまって、ただそっと甘えればいい。誰よりも不器用ならば、悩んでしまうことの意味を、もっと大切にすればいい。きっと綺麗になれるよ。気付くこと、簡単じゃないけど、強くなること、簡単じゃないけど、どんなに強い人だって、寄り掛かれる場所を求めているはず。自分なりの努力を胸に、未来を信じることを胸に、そっと温めていこう。君にとって大切なものを。形見えぬ大切な何か...

続きを読む

笑顔を放とうよ

温かな優しさの中で生まれてきた笑顔と、厳しくも辛抱の中で生まれた笑顔は、一体、何が違っているのだろう。笑顔という宝石が持っているその純粋な力の意味は、きっと優しさという生きる力なのだろう。だから命を刻んで、僕らは笑顔を放とうよ。安らげるときも、厳しく耐える日も、大きくても、小さくてもいいさ。僕らは笑顔を放とうよ。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆? ☆Thank you! ☆ コメント、ありがとうございました!!☆☆?今日...

続きを読む

青い海の音楽 2nd

見上げると、たくさんの星たち、キラキラと輝いている。本当は遠く離れているから、寂しいことはないのかな?光の手を伸ばして、心に届いているの?みんなで描いている星座模様。僕ら人間は、ひとりひとりが輝いて未来を作っていくんだ。七色に輝くことも、もっと強く輝くこともできる。だけど君の優しさがなければ、涙で消える友がいる。輝いていこう、僕らは全員で。この青い星の母なる海に抱かれ、笑顔を放っていこう、それが僕...

続きを読む

きっと幸せになれるから

未来へ進んでいく、僕らは休むことなく。現実という試練は厳しく、いつだってそうあるものだから。ストレスと戦うことに疲れてしまうこともあるだろう。たとえ負けそうなったとしても投げやりにだけはならないで。歩んでいく僕らの未来には、幸せと苦しみがあるから、チャンスも転がっているんだね。辛いことばかりが続いても、諦めずに未来を信じよう。小さな僕も心に信じている。きっと幸せになれるから。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?...

続きを読む

優しい感触

この空間に、夢いっぱいに膨らんだ思い。甘い香りに包まれている、君の香りに恋をする。僕の記憶に色付けた、君との柔らかなくちづけを、心で温めている。いつまでも僕の宝物だよ、優しい感触。...

続きを読む

ずっと離したくない

君の強がりを包み込めるような、そんな器があったら。唇をそっと塞ぎ込んで、全てを抱きしめるのに。会いたい気持ち抑えきれず、ただ甘えように君を抱きしめた。保障なんてない僕の努力に、君は優しく微笑むばかり。僕が頑張り続けることが、いつか君の不安を拭えるのかな。君を守りたい、ずっと離したくない。...

続きを読む

ただ君だけを愛している

君を見つめる眼差しに、僕の思いよ、そのままに。抱きしめて伝わる温もりに、僕の思いよ、そのままに。心の奥のその真実を、ありのままに伝えられたら、こんなにも君を好きでいることを苦しまずに伝えられるのに。ただ君だけを愛している。...

続きを読む

青い海の音楽 1st

この青い海に響き渡る詩は、希望に満ちたメロディーを響かせたい。優しさに包まれる生まれたての温かさのように、まだ何も記憶のない、だけど忘れてはいけない透明な心を守ろう。澄み渡る青色に心を溶かしてみよう。沁みるのは現在を生きたせいかな?それでも愛していたい。未来へ進む命の為に。巡り行く命ならば、優しい光を届けたい。僕らは繋がっているんだ。...

続きを読む

約束のキスを

胸に一つ輝く恋を、目を瞑ってそっと包んだ。大好きなんだと歌う、やっぱり君の幸せを見ていたい。怖がらなくてもいいよ、臆病に震えるなら、たとえ1ミリさえも離れずに僕が強く君を抱きしめるから。約束のキスを送るよ。...

続きを読む

君という素敵な人から

求め過ぎていて、自分を見失わぬようにね。理想の自分になれないなんて誰もが抱えている悩みだよ。だから毎日を大切に、ただ、がむしゃらにでもいいから、その純粋な心で頑張り続けよう。努力の足跡を辿って、幸せは追いついてくれる。どんな笑顔の花が咲くのだろうか、君という素敵な人から。...

続きを読む

永久の

心をもっと、もっと、瞳をずっと、ずっと、見つめていられるなら。この時をもっと、もっと、未来もずっと、ずっと、幸せに包まれていくはず。だから、僕らはそっと、ぎゅっと、この恋に包まれていけばいい。君がいるだけで、見つめ合っているだけで、こんなに「好き」が踊りだすよ。この恋には終わりなんてないんだ、いつか僕の鼓動が止まっても、永遠に愛していると奏で続けるよ。君だから送るよ、永久の愛を。君にだけ送るよ、永...

続きを読む

プロフィール

なお☆きいろ

Author:なお☆きいろ