記事一覧

今を、未来を

夢や希望を信じることが、難しく思えるようになったね。確かにそんな現実があると思う。夢の形はどんな姿で、希望の色はどんな光で、僕の幸せは何で満たされるのだろう。憂いという名の僕の心の住人に、ふと問いかけてみたんだ。夢の形は無数の宝石で、希望の色は無限の虹色で、僕の幸せは満たされなくても、また、新しい幸せを見つけられるよ。感じられるよ、訪れ続けるよ。失う物も多いのかもしれないけど、悲しみには負けないで...

続きを読む

仕事する君

可愛い君の頑張りが、僕の胸を打って、「無理はするなよ。」心の中でそっと、君の髪を撫でている。きっと今日も一生懸命で、仕事をこなしたんだろう。「疲れていないかい。」言葉では言わないけど、何気ない電話を君に送ろう。真面目で素直な君が大好き。ちょっと頑固な君が大好き。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆? ☆Thank you! ☆ コメント、ありがとうございました!!☆☆?今日の詩?☆そうやって、何気ない毎日を輝いていこう。ただそ...

続きを読む

やっぱり君を

君の声が、やっぱり大好きだよ。そう思った、何も考えられず、そう思った。大切な人なんだ。そう思えば思うほど、何故に臆病になってしまうのだろう。ただ、側にいて欲しくて、ただ、話をしたくて。君に甘えることすら、イメージしてしまう僕は、君のことを好きでいていいのかな。君を守りたいから僕は頑張るよ。やっぱり君しかいない、愛しているよ。...

続きを読む

歌を歌おう

歌を歌おう。自分の為に。ゆっくり、ゆっくり、優しい歌を、口ずさもう。歌を送ろう。あなたの為に、しっかり、手を取り、優しい歌で、包んであげるよ。心が安らぐ、歌を歌おう。流れる時間を優しく変えて。...

続きを読む

たくさんの幸せに

たくさんの幸せになれ。君が、頑張っている姿。思いを馳せてさ、形になれと、汗かいて。悩んだ分だけ、笑顔が増えていくんだ、君の心が詰まっているから。バカだな、そんな風に思われてさ。でも、いつか笑顔を変えるんだ。ほら、未来に訪れる毎日で、誰かが君の思いを手にしている。誰かの笑顔を生むんだ。信じて、今を頑張れ!☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆? ☆Thank you! ☆ コメント、ありがとうございました!!☆☆?今日の詩?☆信じ...

続きを読む

帰ろう

星空、優しく、疲れた体に、沁みる。見上げた瞬間、何も願っちゃいない、ただ家路に吸い込まれていく。いつもの優しい、笑顔が待っている場所へ。帰ろう、今夜も帰ろう、君の待っている場所へ。帰ろう。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆? ☆Thank you! ☆ コメント、ありがとうございました!!☆☆?今日の詩?☆あれもこれもと願わずにいても、小さな優しい幸せがあったね。                     青い海の音楽 なお☆...

続きを読む

ありがとう

ありがとう、さようなら、さよなら、胸の痛み。とても、苦しかった思いが、優しさを教えた。ありがとう、さようなら、さよなら、悩みの種。とても、悔しかった思いが、答えをくれた。ありがとう、さようなら、さよなら、涙の跡。とても、悲しかった、思いが、強さをくれた。ありがとう、ありがとう、ありがとう、何度でも。人生で、一体いくつの、ありがとうに出会っただろう。進もう、涙に、守られるときがあっても。また新しい、...

続きを読む

月明かり

月の光が照らす意味を、僕は知らない。だけど、見つめてみると、優しくも、切なくもなるのに、どうして、明るい未来ばかりをイメージしてしまうのだろう。目を閉じてみると、月の明かりの残り火が、瞼の裏に映っている。何も見えるはずはないのに、優しい気持ちになっていく。日常の夜空に、また月が、微笑んで輝いているよ、だけど、その意味は分からない。きっと、僕らは望み過ぎているのだろう。月明かりが照らす日常の夜に、ほ...

続きを読む

抱きしめたい

例えば、笑顔。例えば、星空。例えば、色とりどりの花。どれが一番綺麗なのかな。僕は君を選ぶよ。こんなに思って、こんなに愛して、こんなに見つめても、君が好き。君の心を、抱えている思いを、見つめたら、君を愛していた。僕が守りたいと思った。抱きしめたい、君のことを。...

続きを読む

また会えるかな?

「大好き」という、この響きは、君にだけ送る思いだよ。言葉の意味を見つめてみると、君が浮かんで、胸をなでる。じぃんと冷たい夜には、君を浮かべる灯火で、心の中を温めているよ。優しく、切なく、笑顔になれるのさ、君が記憶にいるだけで。おやすみまでは、君を浮かべているよ、夢の中で、また会えるかな?...

続きを読む

桜島

また桜島に、僕は励まされた。ちっぽけなことだよと、思わせてくれるんだ。街から見えている、その姿に優しい気持ちになる。愛する鹿児島の、君は一番星で、ふと寂しくなったときにも、きらりと、心に聳え立つよ。記憶に焼きついた景色が、いつも心を温める。遠くにいる友も、君を描いているだろう。ありがとう、僕らの桜島。ありがとう、愛する桜島。☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆? ☆Thank you! ☆ コメント、ありがとうございまし...

続きを読む

川内川

幼き日々の笑顔が、この流れに浮かんで、ゆらり。釣り糸垂れた友も、並んで歩いた君も、この景色で笑っていた。太平橋から見える、思い出が僕は好きだな。浮かれてはしゃいだ僕も、落ち込んで悩んだ僕も、この橋を渡って、いつの日か、大人になっていたんだ。心に優しく流れる、川内川。今でも優しく映る、ふるさと。...

続きを読む

プロフィール

なお☆きいろ

Author:なお☆きいろ